読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー医学部再受験のブログ

アラサー医学部再受験の記録

2017年 滋賀医科大学の面接について(体験記)

○基本情報

  • 5~6人一組のグループ面接
  • 受験番号順にグループが組まれる
  • 時間は30分程度
  • 2017年は面接室は11室
  • 2017年の場合、1番から75番までの受験生は待ち時間なし

○体験記

私のグループは6人でした。
30代半ばくらいが2人、20代半ばくらいが2人、現役生1人、アラサーの私で、割と平均年齢は高めだったと思います。
面接官は男性の方が3人でした。

 

はじめに一人ひとり受験番号と名前を言いますが、自己紹介はありません。
その後、進行役の先生が面接のテーマとそれに関連した短い文章を読み上げ、それについて討論します。
私のグループのテーマは、人工知能の発達とそれがもたらすメリット・デメリットについて、というようなものでした。
進行役の先生が念押しするように「みなさんに発言してもらいたいと思います」とおっしゃっていました。
なんでもいいから発言すればOKだよと言っているように聞こえました。

 

面接はとても穏やかで発言しやすい雰囲気でした。
私を含めてみなさん割と思い付きで発言するような感じで、議論がかみ合っているとはいえないものでしたが、進行役の先生が要約したり議論の方向を修正したりしてくださって、特に滞りなく進みました。
発言の少ない方には、先生が発言するように促していましたので、全員がほぼ均等に発言できていたと思います。

進行役ではない面接官二人は黙って話を聞いているだけでした。

 

率直な感想として、この面接で落ちるということはまずありえないと思いました。

 

○アドバイス

受験番号は早いほうが良いと思います。
理由としては…

  • 待ち時間が少ないのであまりドキドキせずに済みますし、早く帰れます
  • 受験番号が早いと年齢高めの人が多いので、再受験生でも目立ちません(おそらく、滋賀医きめうちで出願している高齢受験生が多いためでしょう)
  • 面接官の先生もはじめのうちは疲れが少ないと思いますので、多少は寛容になる(と思います)

日ごろからニュースくらいは見ておいたほうがいいと思います。逆に言えば、面接対策はそれくらいで十分と思いました。