読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー医学部再受験のブログ

アラサー医学部再受験の記録

学力をアップさせてくれた絶対おすすめの参考書・問題集

前置き 

 各教科1~2冊にしぼって、実際に自分がやって、確実に学力がアップしたと感じた参考書を紹介します。自分としては本当におすすめで、絶対やったほうがいいと言えるものだけ紹介します。

 ただし、前提として、人それぞれに現在の学力の状況があると思います。自分にはとても効き目のあったものでも、人によってはぜんぜん効かないというものもあるはずです。自分に近い状況にある人には効き目があるのではないかと思います。また、志望校によっても評価は変わってくるでしょう。

 

自分の学力面での特徴
  • 元文系で理数系の学力ゼロからスタート
  • 独学(予備校等には行かず参考書・問題集のみで勉強)
  • 数学はとても苦手
  • 英語はまあまあできる
  • 志望校の二次試験は難しめ

前置き終わり。

 

●数学

 

合格る計算 数学III (シグマベスト)

合格る計算 数学III (シグマベスト)

 

  自分の数学の実力は最初から最後までクソ雑魚だったので偉そうなことは何も言えません。ただ、数3をまがりなりにも独学できたのは、この本のおかげでした。この本に取り組むまで、極限の考え方や微積分の計算がいまひとつ身についていませんでしたが、例題・類題を繰り返し解くことで、頭というより体に考え方・計算が身についていきました。

 この本を使用するうえでのポイントは、とにかく繰り返し繰り返し取り組むということだと思います。問題集というより単語帳だと思ったほうがよいかもしれません。数3を独学する方には特におすすめできます。

 

英語

 

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

 

  自由英作文対策として利用しました。一つ一つの例文に非常に丁寧な解説がついているのですが、特に優れているのは、時制の取り扱い方です。あやふやだった理解がぐっと深まりました。

 また、例文が100個しかないのも、すごく良いことだと思います。200、300もある例文集だと、息をするように自然に例文を引き出せるようになるまでかなりの時間がかかってしまいます。100個だと、1日10個を繰り返し練習するとして、1か月で3周できます。6か月だと18周できるわけで、ここまでくるとすらすらと暗唱できるようになります。確実に100個の例文をストックしておくだけで、英作文の表現にかなりの幅を持たせることができるようになり、全統医進模試では自由英作文30点中27点を取れました。

 この本を使用するうえでのポイントは、前述しましたが、息をするように暗唱ができるようになるまで、繰り返し繰り返し練習することだと思います。

 

 

物理

 

大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理[力学・熱力学編]が面白いほどわかる本

大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理[力学・熱力学編]が面白いほどわかる本

 

  物理は独学が難しいと言われますが、実際、この参考書がなければ確実に挫折していました。自分の物理独学の救世主です。しかも、面白い。「面白いほどわかる」と宣伝する本は巷にあふれていますが、本当に面白いと感じたのはこの本が初めてでした。物理を独学する方には絶対おすすめです。

 知識ゼロでも十分に読み進められるやさしい語り口ですが、公式の導出なども丁寧に扱っており、ある程度物理の理解が進んでから読み返しても得るものの大きい充実した参考書だと思います。

 この本を使用するうえでのポイントは、練習問題をスキップしないで、自分でスラスラとけるようになるまで繰り返し練習することです。とてもよい本ですが、読むだけではやっぱり身に付きません。手を動かすことが大事だと思います。

 

 

新・物理入門問題演習 (駿台受験シリーズ)

新・物理入門問題演習 (駿台受験シリーズ)

 

  「名問の森」を5周した後に取り組みました。この問題集と対になる参考書「物理入門」はかなり難しいらしい(自分は買っていません)ですが、この問題集は比較的取り組みやすいものだと思います。

 特徴のひとつは、微積分の使用を避けずに問題を解説していることだと思います。数学が苦手な人にとっては、微積分で物理と聞くとすごく難しいような気がしますが、基礎的な練習問題からスタートできるため、物理の理解がある程度あれば、十分についていける内容です。

 この問題集に取り組んで、単振動や交流など、微積分を使わずに考えていてイマイチ理解できていなかった分野の見通しがクリアになりました。苦手分野だったものが、得意分野に変わったと言えます。

 この問題集を使用する上でのポイントは、全部やりきろうとしないことだと思います。取り組みやすい問題集ですが、発展的な問題も含まれるためやりきるのは大変です。自分の気になる分野や問題からつまみ食い的にやっていって、少しずつ理解を深めていけばいいと思います。また、志望校によっては、このレベルまで必要ない人も多いはずです。

 

化学

 

照井式問題集 理論化学 計算問題の解き方 (大学受験Vブックス)

照井式問題集 理論化学 計算問題の解き方 (大学受験Vブックス)

 

 

 化学の「重要問題集」を一通りやってから取り組みました。この本の良いところ、というか私が驚いたところは、理論化学の理屈を覚えてしまえと言ってくる点です。この本をやる前は、理論化学は理論を理解しておけば、計算方法を丸暗記していなくても、考えて導出できると思っていました。それはおそらく間違いではないのですが、おかげで実際に問題を解くのにかなりの時間を要していました。そのため得点力がイマイチだったのです。その考える部分を覚えろと、この本は言ってくるわけです。

 とりあえず、言われるがままに覚えてみました。すると、当たり前ですが、問題をとく速度が上がりました。次に、収録されている120題ほどの問題を繰り返し解いて、パターンを丸ごと覚えました。すると、実際に模試等でも似た問題が出たときは素早く解けるようになりました。自分にとっては革命でした。

 書影などからは、易しいレベルの問題集のように見えますが、決してそんなことはありません。易しい問題からスタートしますが、最終的な到達レベルはセンターレベルをはるかに超え、たいていの2次試験に対応できると思います。

 この本を使用するうえでのポイントは、問題を見たら解き方を考えるまでもなくスラスラと解けるまで繰り返し練習することです。化学の計算問題に苦手意識のある方には絶対おすすめです。

 

 

照井式問題集 有機化学 問題文の読み方 (大学受験Vブックス)

照井式問題集 有機化学 問題文の読み方 (大学受験Vブックス)

 

  理論化学の計算問題集と同じ著者の有機化学の問題集です。問題文の読み方と題されており、なんのこっちゃという感じですが、構造決定問題を多く含む問題集で、問題文が何を示唆しているのか勉強するための問題集だと思います。構造決定問題に時間がかなりかかっていることを、課題に思っていたのでやってみました。

 問題数は30題ほどで、決して有機化学分野すべてをカバーしているわけではありません。問題文の読み解き方の解説は非常に丁寧で、化学も独学だった自分からすると、とても助かりました。自分はこの問題集に取り組むまで、ある実験操作が何を意味しているのかなど、理解が曖昧でした。それでは問題がとけるわけもないです。この問題集をやってから、ある程度まともに問題がとけるようになりました。なお、この問題集も内容は易しいものばかりではありません。十分やりごたえがあると思います。

 この問題集をおすすめできる範囲はかなり狭いと思います。有機化学の基礎的な知識は身につけたけれど、問題文が何を言っているのかよくわからないことが多いという人にはおすすめです。 

 

倫理・政経

 

一問一答倫理、政治・経済ターゲット2600

一問一答倫理、政治・経済ターゲット2600

 

  倫理・政経もゼロから独学しました。はじめに1冊参考書を通読してからの知識暗記用に使用したものです。センターの問題文を利用しているため、語句の部分だけでなく、問題文全体をよく読むことで理解が深まります。分量も初学者にはちょうどいいです。漏れがないように潰しこんでください。これだけでセンター8割以上は期待できると思います。

 

 

国語

 すみませんが、国語はたくさん紹介します。どれも力のついた本です。

出口のシステム現代文―大学入試 (センター対策編)

出口のシステム現代文―大学入試 (センター対策編)

 

  いまひとつ解説に納得できないところもありますが、優れたセンター対策本だと思います。センター現代文の勉強は、センター過去問以外を使用する必要はないと思います。この問題集はやや古い過去問を利用しており、問題文が近年ほど長くないので、エッセンスを効率よく勉強できるように思います。

 この問題集を使用するうえでのポイントは、この本の前書きにも書かれていますが、なぜその答えになるのか、解説の考え方を思い出して、なぞるように、理屈と根拠をもって何度か解きなおすことだと思います。現代文の問題で復習をしても無駄と思うかもしれませんが、思考の癖付けをすることが大事だと思います。

 

速読古文単語[改訂版]

速読古文単語[改訂版]

 

  センター古文に十分な分量です。「マドンナ古文単語」も使用しましたが、こちらのほうがセンターにはあっていると思います。例文を良く読むと読解の練習にもなります。ひとつ難点があって、各単語にイラストが添えられていることです。意味を覚えていなくても、イラストを見ると意味の察しがついてしまうため、勉強がしづらいです。

 

 

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)

ステップアップノート30古典文法基礎ドリル (河合塾シリーズ)

 

  これは万人におすすめできます。センターレベルなら古文文法はこれだけでいいです。何度も何度もやるといいと思います。

 

最短10時間で9割とれる センター漢文のスゴ技

最短10時間で9割とれる センター漢文のスゴ技

 

  最短10時間とありますが、初見でも1.5時間で1周できます。10時間あれば10周できます。この本をやるまでは、漢文は勘で解いていました。句形が大事だと言われることの意味など全く理解していませんでした。この本もある種の革命でした。巻末の重要語句なども覚えきるといいと思います。近年の過去問を例題として解き方やテクニックを伝授する本であるため、普遍性をもっているのかやや怪しく思うところもありますが、自分のように勘だけで解いている人には絶対おすすめです。

 

最後に

結局、繰り返し繰り返し何度も取り組むことが大事だとあらためて思いました。

少しでも誰かの参考になれば幸いです。